« 2018 . 06 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ツナグ

4101388814ツナグ (新潮文庫)
辻村 深月
新潮社 2012-08-27

by G-Tools

もし死者に会えるなら?
みはです(^ω^)

辻村さんの別の面が見られた『ツナグ』。
こういうお話も書けるんだなぁとますますファンになりました。

使者と書いてツナグと読む、お役目(慈善事業)のお話です。
ツナグは死んだ人に会わせてくれる仲介人で、人は人生で一回だけ死んだ人に会えて、死後も一回だけ相手から面会希望があればその生きている人に会えるという。
4つの短編から成っていて、どれも胸にじーんときたり、重くのしかかったり、涙で文章が読めなかったりと、ひとつひとつのお話に心がやられていくのですが最後の章がいちばんすごかったです。
ツナグのお役目を受け継いだ男子高校生のお話で、それを受けると自分は死んだ人に会えません。不可解な死をとげた両親に会うか、それならどちらに会うか、と彼は悩むのですがツナグの仕事を通じて両親の死の原因に辿り着きます。
この最終章「使者の心得」は本当に面白く、このお話を〆るのにふさわしい一話でした。

相手に一生の後悔を背負わせた「親友の心得」もかなり好みのお話です。
辻村先生に思春期の女子を書かせると天下一品ですね!
わたしは死んだ女の子の気持ちがとてもよくわかりました。とてもひどいやり方だと思いますが(思春期だから残酷)、主人公の撒いた種だから仕方ないですね。でもきっと主人公はもう逃げずに頑張るしかなくなったという意味で、これはこれでよかったのかもしれません。
むずかしい。こういう死生観が問われるお話はむずかしいですね(+o+)

死者に会えたから気持ちがスッキリするかというと、それは人によりけり。
どうしても聞きたいことがあるとか、人生の岐路に立っていてアドバイスが欲しいとか、そういう必死さがないなら会わないほうがいいのかも。
でももし自分が死んでから誰かが会いたいと訪ねてきてくれたら、それはもうとってもうれしくて、おめかしして行くかと思います!(笑)

さて、次はちょっと寄り道して別の作家さんの作品。
久しぶりに本をオススメされたので楽しみです!\(^^)/
◆読書 | CM(0) | TB(0) 2016.09.10(Sat) 21:21
copyright © ♪美沙都暮らし♪ all rights reserved.

アクセスカウンター



ご訪問ありがとうございます!

プロフィール

みは

Author:みは
名前 : 河原美沙都
よみ : かわらみさと
職業 : フリーアナウンサー
所属 : 株式会社シー・フォルダ
        
>>続きを見る

現在の出演情報

スピチャン
SPEEDチャンネル(CS)
7期キャスター(2016 ~)

出演番組:ケイリンライブ、SPEEDフロントライン、SPEED記念展望、討論会データガール
公式YouTubeチャンネル
番組キャスターブログ☆
日替わり更新です★

放送大学2018 ★コンピュータとソフトウェア(放送大学)聞き手
2018年4月スタートの新講義
毎週水曜19:00~放送中です。

★笑いの哲学~コントで分析~
(放送大学 特別講義)司会 2018年5月5日(土)朝9:45~
≪出演≫
森下伸也さん(関西大学人間健康学部教授)
ななめ45°さん
≪再放送≫
6月9日(土)朝9:00~
9月30日(日)朝10:30~

太陽生命WOMENS SEVENS太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ 大会MC
公式Facebookも合わせてぜひご覧ください★

\\ 2018年 大会スケジュール //

→東京大会 終了
4月29日(日)、30日(月祝)
秩父宮ラグビー場

→秋田大会 終了
5月26日(土)、27日(日)
あきぎんスタジアム

→富士山裾野御殿場大会
9月8日(土)、9日(日)
裾野市運動公園陸上競技場

→鈴鹿大会
10月13日(土)、14日(日)
三重交通G スポーツの杜 鈴鹿 サッカー・ラグビー場

入場無料です。皆様のご来場をお待ちしています\(^^)/

なの花Japansevens2018
なの花薬局ジャパンセブンズ2018 大会MC
7月1日(日)9時20分~
秩父宮ラグビー場
試合はもちろん楽しい企画もご用意していますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

所属事務所

シー・フォルダ
株式会社シー・フォルダ
〒106-0047
東京都港区南麻布1-5-11
パークアクシス南麻布203
TEL:03-3456-0431
MAIL:cf1997@c-folder.co.jp

検索フォーム

過去ログ

ブログカテゴリ

リンク

QRコード

QR
携帯からもご覧いただけます☆